スキャンダル

ヤマトリース小泉弘社長のパワハラ音声を内部通報!処分、責任は?

夏祭り

ヤマトホールディングス(HD)の100%子会社、ヤマトリース(東京都豊島区)の小泉弘社長が、社員にパワハラとも受け取れる言動を重ねていたことが、ジャーナリストの横田増生氏が入手した音声データで分かりました。

女性
女性
小泉社長への処分はどうなるのかしらね。

ヤマトリース小泉社長のパワハラ音声を告発!

 ヤマトホールディングス(HD)の100%子会社、ヤマトリース(東京都豊島区)の小泉弘社長が、社員にパワハラとも受け取れる言動を重ねていたことが、ジャーナリストの横田増生氏が入手した音声データで分かった。
小泉氏は今年に入り、ある支店会議後に開かれた懇親会の席で、以下のような発言をしていた。
「お前ら殺されるぞ、本当に。分かる、これ? そのくらい(の給料を)もらってんだよ。殺されるよ、本当。ふざけんなよ。馬鹿たれ! それも分からねぇから問題なんだよ」
「24時間働きゃいいじゃない。(ヤマトHDの中核子会社)ヤマト運輸に戻ると(給料が)下がるんだよ。ウチに残りたいんだったら死に物狂いで働けよ。家買ってんだろ、ローンあるんだろ、できますか、甘えるのやめてくれよ」
200億円を超える未払い残業代が発覚して以降、全社的に働き方改革を掲げてきたヤマトHD。ただ、子会社の社長という経営トップの“パワハラ音声”が明るみにでたことで、働き方改革の中身、グループとしてのガバナンスの在り方が問われることになりそうだ。

引用:週刊文春(https://bunshun.jp/articles/-/12642)

男性
男性
音声が告発されているくらいだから、日常的に怒鳴られていたんだろうな。

小泉弘社長プロフィール

名 前:小泉 弘
勤務先:ヤマトリース株式会社
現 職:代表取締役社長
前勤務先:ヤマトフィナンシャル株式会社
前 職:取締役常務執行役員 経営戦略部長
女性
女性
キャリアは十分といってもよさそうね。

小泉社長の処分や責任は?

この騒動を受けて、小泉社長にどのような処分が行われるかは発表されていません。
そこで、どのような処分が妥当になるのかを調べてみました。
人事院の指針によりますと、職場内秩序を乱す行為として、暴行では「停職・減給」、暴言では「減給・戒告」を処分対象としているとのこと。
今回の場合ですと、明らかな暴言であり、しかもニュースにまで取り沙汰されるほどの問題へと発展していることから、ヤマトHDから減給処分が下される可能性はあるでしょう。
減給の上限額についてですが、労基法によりますと『減給の1回の額が、平均賃金の1日分の半額を超えることはできない』及び『減給の総額が、一賃金支払期における賃金の10分の1を超えることができない』と記載されています。
一賃金全支払期とは、1ヶ月分の給料の総額なので、その10分の1を超えないことを指しています。
今後、どのような処分が施されるかは分かりませんが、少なくとも減給とされた場合は、一賃金支払期における賃金の10分の1程度になるかと予想します。

男性
男性
これはあくまで、同じ会社内での従業員と上司の関係の話。今回のように、社長自身がパワハラを行った場合、ヤマトHDから減給処分を勧告しなければならないのかまでは分からなかったね。処分をヤマトHDが行うのか、ヤマトリースが内部で行っていくのかにも注目したいね。

会社は責任をどう取る?

会社が今後、どのように責任を取っていくかについては、現状では公表されていません。
内部告発をされた方が、精神疾患を患うほどの状態になってしまっているのかどうかでも、対応が違ってくるでしょう。
会社としては、従業員に対しての安全配慮義務があるため、この点について責任を負っていくのは間違いないと予想します。

男性
男性
社長個人に対する責任のみならず、会社としての責任も問われる。調べてみると、パワハラ一つでも個人法人が複雑に絡み合ってくるのが見えてくるね。

ヤマトリース小泉弘社長のパワハラ音声を内部通報!処分、責任は?まとめ

今回の問題を受けて、小泉社長やヤマトリース株式会社がどのような責任を負ってくのか、正式には公表されていないため、予想をすることしか出来ませんでした。
しかしながら、過去の例と照らし合わせて考えてみても、何かしらの処分がなされていくのは間違いありません。
今後、どのような処分がされていくのか。パワハラ問題のスポットが当たりつつあるこのニュースには注目していきたいですね。