炎上

山口メンバーや吉本興業岡本社長は何位?【2018年、2019年版】炎上した謝罪会見ランキングワースト5

海

昨今は大物芸能人や大企業の謝罪会見が頻繁、炎上

先日の吉本の大崎社長の記者会見では、ネット上で非難の声が相次ぎました。

この謝罪会見では、過去の事例と比較されることが度々ありました。

そこで、今回は最近行われた会見のランキングを、社会に対する影響度等を勘案しながら、筆者の独断で発表していきたいと思います。

【2018年、2019年版】炎上した謝罪会見ランキングワースト5

5位:レスリング・伊調馨選手、栄和人氏をパワハラ告発

2018年1月18日に、女子レスリングの伊調馨選手が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラを受けていると発表。

関係者が内閣府公益認定等委員会に告発状を送りました。

これを受けて、2018年4月6日に、レスリング協会が謝罪を行いました。

しかし、この会見中の発言で加害者と被害者の意見の食い違いが発覚。

更には、大学長のふてぶてしい態度にも非難が集まりました。

男性
男性
加害者と被害者の意見の食い違いに呆れたてしまった。 
女性
女性
大学の女学長がふてぶてしく否定していたのが、マイナスです。 
男性
男性
一連のスポーツ関連のパワハラ問題の端緒となった事件。権力を持った人間の醜さを強く感じました。 
女性
女性
コーチや監督を長年やって、選手がオリンピックでメダルを取ると、権力者になってしまうんですね。 

4位:AAA浦田直也の女性暴行事件

2019年4月20日に、都内で女性に暴行したとして、男女6人グループ「AAA」のリーダー浦田直也さんが逮捕されました。

これを受けて、翌日の21日に本人が謝罪会見を開きます。

しかし、「酔っていて覚えていない」という発言を繰り返したことで、責任感が欠けているという非難が相次ぎました。

更には会見中、にやけた顔でいた時間が長かったことも指摘され、ネット上で炎上しました。

男性
男性
36歳とは思えない言葉のチョイスや表情にがっかりです。
女性
女性
黒い髪に染め直せば、それで事が済むと思っているのが伝わってきてしまう。
男性
男性
酒を飲んでいたから許される、と勘違いするのは間違っている。 
女性
女性
正直なところ、へらへらしているようにしか見えず、反省の態度が見られない。

3位:「はれのひ」成人式の日に突然の営業中止

2018年1月8日(成人の日)に、振袖レンタル等を行っていた「はれのひ株式会社」が突然休業しました。

1月9日には全店舗を閉鎖し、事実上の事業停止となります。

1月26日には、横浜地方裁判所から破産手続きの開始を受けました。

これを受けて同日、元社長の篠崎洋一郎が謝罪会見を開きます。

ネット上では「一生に一度の大切な日が台無しになって可愛そう」「レンタル業界のイメージが一気に悪化した」といった意見が寄せられました。

男性
男性
自分も今年が成人式なだけあってとても被害者に同情してしまいました。
女性
女性
一生に一度の大切な日の当日になって全く連絡がつかないという悪質極まりないですね。
男性
男性
着物レンタル業界のイメージが一気に悪化しました。当日レンタルは、不安になってしまいます。
女性
女性
今どきのインターネットでの申し込みは危険がいっぱいで、やっぱり地元のしっかりした業者にしないといけないと思います。 

2位:日大アメフト部 悪質タックル問題

2018年5月6日に行われた、日本大学フェニックスと関西学院大学ファイターズ定期戦において、日本大学(日大)のディフェンスラインが3度のパーソナルファウルを犯し、資格没収(退場)となる事態が発生しました。

これを受けて、5月22日に日本大学が謝罪会見を開きます。

しかし、「日大広報が誠実でない」「学生を踏みにじっている」といった書き込みが相次ぎ、ネット上で炎上しました。

男性
男性
大学の印象が悪くなり、新入生に不安感を与えたなと感じます。 
女性
女性
大学側が生徒を守ろうとしていないのが伝わってくる。 
男性
男性
記者会見時の日大側広報担当の対応のまずさで決定的になってしまった。 
女性
女性
学生さんの誠実さを踏みにじっていて連日の報道は見ていて辛かったです。 

1位:吉本芸人による闇営業問題

2019年7月20日に、吉本芸人の宮迫さんと亮さんによる謝罪会見が開かれました。

この中で吉本興業の岡本社長から「全員クビにするからな」と脅されて、会見を開きたくても開けなかったことを告白。

この謝罪会見を受ける形で、7月22日に岡本社長が謝罪会見を開きます。

しかし、「クビにすると言ったのは冗談」「場を和ませるつもりだった」という苦し紛れの発言に、非難の声が殺到しました。

男性
男性
いじめの加害者の理屈をそのまま当てはめているだけ。 
女性
女性
質疑応答になってからのしどろもどろさが見苦しかったです。 
男性
男性
ものすごくお粗末な会見でがっかりしました。
女性
女性
会見中に流した涙がわざとらしくて見ていられなかったです。

山口メンバーや吉本興業岡本社長は何位?【2018年、2019年版】炎上した謝罪会見ランキングワースト5 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のランキング以外でも、社会の影響度の大きかったものとして「元TOKIOの山口達也の謝罪会見」や「7pay二段階認証問題」「かんぽ生命の不正事件」といったものがあります。

いずれにせよ、謝罪会見を開くなら、まずは誠実性を見せていくことが大事。

その姿勢が欠けている事例が、今回ランキングに入ってしまっているのだなと、編集をしていて感じました。

本当は、謝罪会見を開かないように取り組んでいくのが、大事なのではありますけれどね…。

皆さんも、謝罪をして炎上することがないように、日々の生活に邁進していきましょう!