炎上

宮迫助け求める!さんま個人事務所の理由、メンバーは?移籍は?

夏祭り

7月22日、とうとう吉本興業の社長、岡本昭彦氏の会見にまで大事になったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之さん(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮さん(47)さんが決行した涙ながらの会見が尚も波紋を広げています。

闇営業問題で謹慎処分になっていた宮迫博之さんは、結局吉本興業と契約解除になったのですが、その経緯などを説明するために7月20日に宮迫さんは田村亮さんと2人で吉本興業を通さずに個人で会見を開いたのです。

その中で吉本興業側の圧力で宮迫さんらは釈明会見が開けなかったことを暴露しました。

宮迫さんらは契約解消を待って吉本興行側の「全員クビになる」という脅しで開けなかった会見を開きましたが、それは、後輩芸人が全員クビになる覚悟でのものだったのです。

宮迫さんは大先輩の明石家さんまさん(64)に電話をしていて、それは後輩芸人がクビになるから助け求めるというものだったのです。

さんまさんは個人事務所を立ち上げています。それならば宮迫さんは後輩芸人の面倒を見てもらえるのではないかとの窮余の策でした。

それではさんまさんの個人事務所を立ち上げるに至った理由は何でで、そして所属するメンバーはどんな人がいるのでしょうか。

また、吉本興業からさんまさんの個人事務所への移籍は可能なのでしょうか。

これらのことを掘り下げててもみたいと思います。

女性
女性
宮迫と亮は筋を通したけど、岡本社長の会見は何なのか!アレじゃ、吉本の芸人はたまったものじゃないわ。この問題、最悪、吉本興業の解体まで進むかもしれない。

宮迫がさんまに助けを求める!

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-07220137-nksports-ent)

男性
男性
宮迫も亮も覚悟は伝わった。後輩芸人のクビがかかっての会見は、相当苦悩しただろうが、これで吉本興業の旧態依然の会社の体質の問題点が暴露され、吉本興行側は相当焦ったはず!そのために宮迫はさんまさんに後輩芸人の面倒を見てもらえないかと電話までしていた。

さんまプロフィール

名 前:明石家さんま(あかしや さんま)
本 名:杉本高文(すぎもと たかふみ)
ニックネーム:さんまさん、さんちゃん、お笑い怪獣、さんま
別名義:笑福亭さんま(旧名)
出身地:奈良県奈良市
誕生日:1955年7月1日(64歳)
血液型:B型
身 長:172㎝
学 歴:奈良県立奈良商業高等学校(現・奈良県立奈良朱雀高等学校)卒業
師 匠:2代目笑福亭松之助
事務所:吉本興業株式会社(マネジメント)、オフィス事務所(個人事務所)

 

男性
男性
さんまもマネジメントは吉本興業が行っているのか。でも個人事務所を設立しているけど、どうしてて?

さんまが事務所を構えたきっかけや理由は?

明石家さんまさんが個人事務所を構えたきっかけや理由は、ずばり、節税です。

個人事務所と吉本興業との間で経費などのお金が関係することなど、事務所同士だとかなりの節税になるのです。

仕事自体は吉本興業に請け負ってもらい、仕事をしたことで発生するギャラやスケジュール管理はオフィス事務所で行うという段取りでさんまさんは仕事をしています。

また、ギャラやマネジメントは吉本興業と個人事務所との間で執り行う方がトラブルになりにくいということも大きな理由です。

事務所と事務所の間でやり取りするとシンプルなのです。

そして、さんまさんのように売れっ子ならば、個人スタッフがつきますが、それらの人件費や事務処理費などが個人事務所の経費として計上できるから節税になるのです。

ところで、さんまさんは吉本興業から独立を考えているようなのです。

男性
男性
なるほど、さんまなどが個人事務所を構えるのは、節税とトラブルを防ぐためだったのか。個人事務所の経費として計上すれば、それはかなりの節税になるわな。

メンバーは誰が所属している?

それでは明石家さんまさんの個人事務所に所属しているメンバーはどんな人がいるのでしょうか。

調べてみると、ラサール石井さん、松尾伴内さん、そして、村上ショージさんがオフィス事務所に所属しています。

しかし、3人ともさんまさんと同じように他にマネジメントする事務所に所属しています。

男性
男性
へ~え、ラサール石井がさんまの事務所所属なんだ。松尾伴内などはさんまの番組に出ていることがあるので分からなくもないけども。村上ショージは当然だな。

宮迫はさんまの事務所へ移籍する?

宮迫博之さんは果たして明石家さんまさんの個人事務所、オフィス事務所に移籍するのでしょうか。

宮迫さんと亮さんは7月20日の会見で次のように語っています。

今後、吉本以外のほかの芸能事務所にマネジメントを受ける可能性については、宮迫は「今は正直、これからのこと、この先のこと、想像もできないので考えていません」、田村も「僕も考えられないです」と話した。

引用:日刊スポーツ(https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907200000573.html)

7月20日の時点では宮迫さんも亮さんも何も考えられない状態だったようです。

7月22日の吉本興業の岡本社長の会見で、宮迫さんの契約解除は取り消すと表明されましたが、果たして宮迫さんがすんなりとまた、吉本興業のお世話になれるかというと悩ましいところで、どうするかは宮迫さんの腹一つといえます。

ちなみに亮さんに関しては契約解除はされてないようです。

女性
女性
吉本興業の社長の会見を聞く限り、宮迫さんも亮さんも、また、他の芸人さんたちも吉本興業に所属していることは辛いところだな。宮迫さんたち、さんまさんの事務所に行ったらいい。
男性
男性
吉本の社長の会見、ひどいものだ。これじゃ、吉本の芸人は次々と個人事務所を立ち上げるんじゃないかな。宮迫らもさんまの事務所に移籍するべきだよ。
女性
女性
宮迫さんと亮さんは蛍原さんと淳さんと相談して一緒にさんまさんの事務所に移籍しちゃえばいいのに。あの社長、信用できないもの。
男性
男性
宮迫さんたち吉本の芸人はさんまさんの事務所に移籍した方が未来が拓けるように思うんだけども。
男性
男性
社長の会見に嫌気が指した芸人はみんな、吉本を辞めていいと思う。それで、独立しようとしているさんまさんや、または、松本人志さんとともに独立しちゃえばいい。

宮迫さんまに助け求める!個人事務所のきっかけや理由は?移籍は?まとめ

宮迫さんらは会見を開くと仲間全員クビと吉本の社長に脅されて釈明・謝罪会見が開けないことが宮迫さんが吉本興業と契約解除になるのを待って宮迫さんと亮さんの個人で会見を開き、暴露されました。

会見以前に宮迫さんはもしもの時を考えてさんまさんに電話をして仲間の助け求めたのです。

つまり、さんまさんの個人事務所で面倒を見てもらえないかと助け求めたのです。

それではさんまさんの個人事務所、オフィス事務所の設立のきっかけや理由は何なのかというと、節税とトラブルの回避です。

個人事務所と吉本興業との間で取引が行われると事務所の経費として処理ができるので、かなり節税ができます。

また、事務所対事務所だと、シンプルに事が運び、トラブル回避に繋がるからです。

そこで、にわかにさんまさんの個人事務所に脚光が浴びているのは、宮迫さんが仲間をさんまさんの事務所で面倒を見てもらえないかと助け求めることが報道されたからです。

現時点では契約解除の取り消しが決まった宮迫さんらが移籍するのかどうか分かりませんが、7月22日に吉本興業の社長が行った会見に幻滅したとの声が多数上がっていることから、独立を考えているといわれるさんまさんや松本人志さんらが中心となって吉本興業から飛び出す可能性がなくはないのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。