国内

令和考案者は中西進氏?万葉集の研究家とは?経歴学歴や著書を紹介

昨日4/1、午前11:30、ついに新しい元号「令和」が発表されました。

多くの人がネットでその様子を確認していたことかと思います。

予想文字にはランクインしていなかった「令」という文字、そして過去にも使われた「和」という文字の組み合わせ、これには私も驚きました。

では、この「令和」の出典、何から来ているかご存知でしょうか。

そう、実はこれは日本の古典で有名な、『万葉集』の歌からきているのです。

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

引用:「万葉集」の三十二首、「梅花(うめのはな)の歌」より

人々が美しい心を寄せ合う。
その中で文化が生まれ育つ。

まるで梅の花の如く。
日本人が明日への希望を咲かせる国であるように望む。

そんな意味が込められているようです。

女性
女性
最初はしっくりこなかったけど、由来を知るとなんか奥ゆかしくてセンスを感じる!
男性
男性
古典とか興味なかったけど、元号になるとちょっと興味が湧くよね!

なんと、この由来が知られてから、万葉集が売れに売れまくってるだとか。

女性
女性
本当日本人はミーハーだなぁw

「令和」考案者は中西進さん?

今朝のYahoo!ニュースで、この万葉集の歌から、新しい元号を考案したのは、文化勲章受章者の中西進さんではないかという見方が強まったとのニュースが飛び込んできました。

新元号「令和」の考案者は、文化勲章受章者で国際日本文化研究センター名誉教授の中西進氏(89)との見方が1日、専門家の間で浮上した。中西氏は共同通信の取材に、当初は明言を避けていたが、公表が近づいた3月上旬になって「私は関係していない」と否定している。

中西氏は東大大学院修了。万葉集が専門で大阪女子大学長や京都市立芸大学長などを歴任した。2013年に文化勲章を受章。著書に「万葉集の比較文学的研究」「日本文学と漢詩」などがあり、日本古典中国古典双方に詳しいとして研究者の間で評価が高い。

引用:Yahoo!ニュース

 

上記の日経新聞の内容を読むと、かなり高い確率で中西さんが「令和」の考案者ではないかと思われます。

「新元号と特定の個人が結びついて強調されることは避けたい」と語っていた菅官房長官でしたが、マスコミの方々の調査力たるや、凄まじいですね。

1日経過する前にもうほぼほぼ特定できちゃってますね笑

男性
男性
まぁ、万葉集というキーワードが明らかになった時点で、それを探っていけば中西さんにたどり着くのも時間の問題だったとは思うけど

中西進教授のプロフィール

 

名前:中西進(なかにしすすむ)
生年月日:1929年8月21日
年齢:89歳
出身:東京都

男性
男性
89歳て!めっちゃ高齢レジェンドやないですか!

wikipediaとか諸々見ていると、数々の素晴らしい経歴をお持ちのようです。

学歴

  1. 旧制武蔵中学校
  2. 広島大学附属高校
  3. 東京大学文学部国文学科
  4. 東京大学大学院博士課程修了
女性
女性
やはり東大、、、恐るべし

社会人になってからは、ずっと教職に携わられているみたいですね。

職歴・経歴その①

  1. 東京学芸大学附属高校教諭
  2. 成城大学教授
  3. プリンストン大学客員教授
  4. 筑波大学教授
  5. 国際日本文化研究センター教授
  6. トロント大学客員教授
  7. 帝塚山学院大学教授

そしてここからがすごいです。

館長、学長といったすごい経歴が続きます。

職歴・経歴その②

  1. 姫路文学館館長
  2. 大阪女子大学学長
  3. 帝塚山学院理事長・学院長
  4. 奈良県立万葉文化館館長
  5. 京都市立芸術大学学長
  6. 池坊短期大学学長
  7. 高志の国文学館初代館長
男性
男性
いやいや!どんだけハイキャリアなんだよ、、、ぱないぜ

受賞歴

なんと、すごく有名な賞を10個もお持ちのようです。

  1. 第15回読売文学賞
  2. 日本学士院賞
  3. 第3回和辻哲郎文化賞
  4. 24回大佛次郎賞
  5. 京都新聞文化賞
  6. 奈良テレビ放送文化賞
  7. 文化功労者
  8. 瑞宝重光章受章
  9. 「万葉みらい塾」で菊池寛賞受賞。
  10. 文化勲章
女性
女性
文学ってよくわからない世界だったけど、これだけ賞をもらえるってことは、それだけその世界では偉人ってことなんだろうな

そもそも万葉集の研究って

こう言ってはなんですが、万葉集の研究ってどんなことをしているのか、あまりよくわからないですよね笑

万葉集がそもそもどういうものなのかもあまりわかっていない方も多いと思います。

万葉集の面白さとは何でしょうか。

万葉集」は、めちゃくちゃ当時の生活臭があり、下世話な部分も多くて、興味深いのです。

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/keiyu0208/34686624.html?__ysp=5LiH6JGJ6ZuGIOmdoueZveOBlQ%3D%3D

万葉集には生活文化の情報がぎっしり!

引用:https://www.athome-academy.jp/archive/literature_language/0000000200_all.html

男性
男性
古典だからとっつきにくいと思っていたけど、内容自体はかなり私達の生活に馴染みのあるテーマが沢山あるみたい

ネットのコメント

ネットの反応を見ると、今回の考案者がわかってしまったこと(マスコミが特定してしまったこと)に対する嫌悪感を占める声が多いみたいです。

 

まとめ

万葉集の研究者が考案者だったという可能性が大変高まってきたわけですが、本人が認めて確定したわけではない以上、あまり大きく騒ぐのは良くないことなのかもしれません。

ただ、今回の件で日本の伝統的な古典である万葉集が注目を集めた事自体はとてもいいことだと思います!

私もちょっと読んでみようかなと興味が湧いてきましたので、早速amazonでポチっちゃおうと思います笑

中西進さんの『万葉みらい塾』…amazonで1000円未満で買えちゃうみたいです!

万葉未来塾

最後までお読みいただきありがとうございました!