スポーツ

ラグビープロ化構想厳しい?現在の国内、海外競技人口や報酬は?

日本ラグビー協会の清宮克幸副会長は28日、東京都内で記者会見し、国内プロリーグを2021年に発足させる構想を表明しました。

女性
女性
実際にこの構想を実現していくことは出来るのかしら。

ラグピーの国内プロリーグを2021年に発足させる構想を表明

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長(52)は28日、東京都内で記者会見し、国内プロリーグを2021年に発足させる構想を表明した。ワールドカップ(W杯)日本大会の12会場を本拠地とするチームをつくる考えで、トップリーグ(TL)のチームなどと交渉を進め、11月のW杯閉幕までに実現の可否を結論づけるとしている。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000052-mai-spo)

男性
男性
急ピッチで進めていくつもりなのかもね、もしかしたら。

ラグビーのプロ化は厳しい?

今回のニュースを受けて、どのような反応があるのでしょうか。

調べてみたところ、「チャレンジしてみても良いのでは」といった、歓迎の声もあります。

しかしながら、「ワールドカップが終わったら、流行が終わってしまうのではないか」「地方都市が追随出来るほどの集客を見込めるのか」「代表育成に注力する形を取った方がよいのでは」といった、懐疑的な意見も多く見受けられます。

男性
男性
トップリーグの観客動員数はサッカーと比べてゼロが一つ以上少ないと思います。その中で確かにプロで二軍まで持つ余力がないから社会人を残すと言うのは理解できるけれど、果たして二桁もチームができるでしょうか?W杯で盛り上がればよいが、終わった途端にオリンピックに食われて萎んでしまったということになりかねない。
女性
女性
チャレンジすること始めることはいいと思います。けれど、現状の競技人口とかを考えるとバレーといい勝負のような気が。プロ化のときにバブル景気で競技人口が圧倒的に多かったであろうサッカーでさえ、10チームでのスタートですからね。
男性
男性
興味深い。企業チームで昔から運営してきたリーグがとうとうプロ化になる構想に踏み切ったかという印象を受けます。Jリーグの最初もそういった問題があったけれど、地域密着の理念の元、半ば力技でもっていって開幕にこぎつけています。ワールドカップで好成績を出し世論もを味方につけて是非とも実現してほしい。
女性
女性
はっきり言ってラグビーのプロ化は難しいと思います。無理にプロ化する必要が有るのでしょうか?今のままでも良いのでは?採算のとれるように集客出来るのか。入場料金を上げて、都心であればまあまあ入るかもしれないが、地方都市は追随出来るのでしょうか。
男性
男性
正直、プロ化構想には懐疑的。世界的にみて二桁程のプロチームを持っている国はイングランドやフランスだけだし、その他の強豪国は数少ない自国チームに所属している精鋭から代表に選出されるケースが多いですからね。ラグビー界的最適なプロ化はやっぱりサンウルブズのようなチームを上手く活用する事だと思います。マーケティング面ではなく、代表育成面から考えて構想を持った方がいい気がします。 
女性
女性
やってみてもいいのではないでしょうか。どちらにせよアクションを起こさない限りジリ貧ですし。プロ化が成功するかどうかは今後の取り組み次第でしょう。いつも思うのですけれど、もっと地域のスポーツクラブが連携した方が良い効果が有るのではないでしょうか。同じ地域に野球、サッカー、バスケ、ラグビーなどのチームが別々に存在して、それぞれにファンが分散しているのは勿体ない。欧州のクラブチームのようなものを今から作るのは難しいかもしれませんが、もっと合併等の動きが有っても良い気がします。 

国内、国外の競技人口は?

ラグビーの競技人口は、どれほどあるのでしょうか。

2018年度における、世界のラグビーの競技人口は、960万人とされています。

日本国内の競技人口は、どうなのか。

調べてみると、2018年においては、およそ10万人。全国民のうち、わずか0.08%の方々しか、ラグビーを行っていないことが分かります。

さて、ラグビー大国の1つ、イングランドの競技人口と比べてみましょう。

イングランドの競技人口は、およそ35万人。全イングランド国民のうち、0.6%の方がラグビーに取り組んでいる計算となります。

絶対値的にも、割合的にも、日本のラグビーに対する意識の低さが窺えます。

男性
男性
これをみると、本当にプロ化が実現できるのか疑問に残ってしまうね。

国内のラグビー選手の報酬はいくら?

さて、ラグビー選手の現在の報酬はいくらになるのでしょうか。

調べてみたところ、平均年収はおよそ490万円~645万円になるとのこと。

数億円レベルの年俸が発表されている、サッカーや野球と比べると、どうしても見劣りしてしまいますね…。

男性
男性
調べれば調べるほど、現在のラグビーの状況の厳しさが際立ってきてしまうな…。

ラグビープロ化構想厳しい?現在の国内、海外競技人口や報酬は?まとめ

ラグビーのプロ化構想について調べてみましたが、周りの反応的にも、現状的にも、実現させていくことの厳しさが目立つ結果となりました。

とはいえ、サッカーのJリーグ発足時にも、当初は疑問視されたものです。

清宮さんが逆境を乗り切りながら、実際にプロ化に向けて実現させていくことが出来るのか、注目していきたいですね。