炎上

新潟地震直後に飲酒疑惑の大塚議員は辞任?副大臣の責任は?

最大震度6強を観測した新潟・山形地震の発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かりました。

女性
女性
過去にも色々と不祥事を行っていたみたいね、この人は。
女性
女性
国民を守っていく国交副大臣として、その姿勢はどうなのかしら。

大塚高司防災担当副大臣が新潟・山形地震直後もクラブで飲酒?(ニュース)

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は『国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?』と何度も声を掛けていました。ところが、大塚氏は『(行かなくて)大丈夫や』と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたのです」(居合わせた客)

震度6弱以上の地震だったため、対応を「非常体制」としていた国交省。政務三役には、「直ちに登庁できる態勢で付近に待機」することが求められていた。

昨年7月の西日本豪雨の際には、西村康稔官房副長官が酒席「赤坂自民亭」の画像をSNSに投稿し、批判を招いたばかり。防災担当の国交副大臣として大塚氏の行動は適切だったのか、議論を呼びそうだ。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00012513-bunshun-pol)

男性
男性
周囲の説得にも応じずに飲み続けていたのなら、資質を疑ってしまうな。

大塚高司プロフィール

名 前:大塚 高司(おおつか たかし)
誕生日:1964年9月11日(54歳)
出身地:大阪府豊中市
現 職:国土交通副大臣・衆議院議員
所属政党:自由民主党(竹下派)

女性
女性
調べてみると、過去には政治資金収支報告書への不記載問題や、外国人からの献金を受け取ったり、傷害容疑で書類送検されてたりするわね。 

防災担当副大臣としての役割と責任は?(口コミ)

ネット上でも、防災担当副大臣としての責任を感じているのか、疑問の声が上がっています。

男性
男性
いきなり呼び出されて対応するのもまた、仕事のうちではないの? 
女性
女性
まあ、弛んでいると言われても仕方がないですね。
男性
男性
ただテレビを見て、ぼーっとしてたのかな?普通はツイッターで情報を更新していきながら、デマに注意を促していくのがあなたの役割ではないのかな? 
女性
女性
かつて、王さんが銀座のクラブにおいて「荒川さんと素振りがあるので」とノムさんに中座を断って帰った言います。今の政治家は、このような精神が欠けている気がしてなりません。 

大塚議員は辞職するべき?(口コミ)

大塚議員については、ネット上でも厳しいコメントが多く目立っています。

男性
男性
こういう人たちをやめさせていくのが、本当の防災ですね 
女性
女性
要は、地震の事よりも、ホステスとの親睦を深めることの方が大事だったわけですよね。そんな人に、続けて副大臣をやって欲しいと思う人がいると思いますか?
男性
男性
障害事件を起こしていても、副大臣にはなれるんですね。へー、知らなかったなー。 
女性
女性
自民党はこういう人ばっかり!本当にやめて欲しい、議員も辞めて欲しいです!

新潟地震直後に飲酒疑惑の大塚議員は辞任?副大臣の責任は?まとめ

大塚議員が、新潟地震直後でも飲酒を続けていたのは、専門家からも、副大臣としての姿勢を疑われています。

ネット上でも、多くの人から非難を受ける結果となった今回の報道を受けて、大塚議員がどのような対応を取っていくのか、注目が集まっています。

この件について進展がありましたら、改めて更新していきます。