炎上

大塚高司、過去に傷害事件、外国人献金、妻会社に政治資金支出など真っ黒!

最大震度6強を観測した新潟・山形地震の発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かりました。

このスキャンダルに対して、国民からは辞任を要求する厳しい声が出ています。

女性
女性
過去にも色々と不祥事を行っていたみたいね、この人は。

新潟地震中に大塚議員が飲酒疑惑(ニュース)

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は『国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?』と何度も声を掛けていました。ところが、大塚氏は『(行かなくて)大丈夫や』と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたのです」(居合わせた客)

震度6弱以上の地震だったため、対応を「非常体制」としていた国交省。政務三役には、「直ちに登庁できる態勢で付近に待機」することが求められていた。

昨年7月の西日本豪雨の際には、西村康稔官房副長官が酒席「赤坂自民亭」の画像をSNSに投稿し、批判を招いたばかり。防災担当の国交副大臣として大塚氏の行動は適切だったのか、議論を呼びそうだ。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00012513-bunshun-pol)

男性
男性
この人は、過去の過ちから何も反省をしていないような気がするな。

大塚高司プロフィール

名 前:大塚 高司(おおつか たかし)
誕生日:1964年9月11日(54歳)
出身地:大阪府豊中市
現 職:国土交通副大臣・衆議院議員
所属政党:自由民主党(竹下派)

女性
女性
色んな不祥事を抱えていた大塚議員を副大臣にした自民党内閣も責任を問われるでしょうね。

傷害容疑で書類送検の実績あり!

大塚高司議員について調べていると、過去に色々と不祥事を起こしているのが分かりました。

例えば2014年10月に、元愛人女性が暴力を受けたということで、衆議院議長に辞職勧告を大塚議員にするよう求めていました。

男性
男性
どうやら大塚議員は、酒を飲むと態度が豹変するという噂もあるな。

パチンコ店経営者の外国人から献金!

また、パチンコ関連事業を行っていた在日外国人の男性から計115万円の政治献金を受けていたことが2014年10月28日に判明しています。

この問題については「献金者が外国籍とわかり返金した。適切な処理だったと考えている」としていますが、そもそも献金を受け取る前のチェック体制が甘かったのではないかという疑念も持たれていました。

男性
男性
うーん、過去を遡ると、議員としての資質が本当にあるのかと疑問に思えて仕方がないです。 

妻の経営会社に政治資金支出!

不祥事はこれだけに留まりません。

2015年には、大塚議員が代表を務める「自民党大阪府第八選挙区支部」が2013年に、「土産物代」などとして、大塚氏の妻が運営するフレーバーティー販売業者に約175万円を支出していたことが分かっています。

政治助成金を含む政治資金を身内企業に支出する行為は、公私混同ではないかという指摘も受けていました。

女性
女性
この時の安倍内閣の政務官人事では再任されていなかったけれど、ほとぼりが冷めたあたりで、副大臣になったんだね…

ネットのコメントは

このような不祥事を抱えていながら、新潟地震の最中でも飲酒を続けた大塚議員。ネット上では非難の声が飛び交っています。

男性
男性
仕事とプライベートの区別がつかない人なんだね。 
女性
女性
知らせを受けてすぐにでも帰ったら、少しは汚名返上出来ただろうに。結局変わってないね、この人は 
男性
男性
周囲の制止にも関わらず、か。権力を持たせちゃいけないね、大塚さんには
女性
女性
防災担当がこれじゃあねえ。政治家って本当に質が低いわー。

大塚高司、過去に傷害事件、外国人献金、妻会社に政治資金支出など真っ黒!まとめ

大塚議員の過去を調べてみると、色々と不祥事を起こしているのが分かりました。

副大臣としての資質が本当にあったのか、ネット上でも疑問の声が相次いでいます。

大塚議員を任命した自民党内閣が、どのような対応をしていくのかにも注目が集まっていきそうです。

この件について、進展がありましたら改めて更新していきます。