未分類

あいりん総合センターへ猛抗議!日雇い労働者が施設閉鎖に反対!

大阪市西成区にあるあいりん総合センターが建て替えに伴い閉鎖することが決定しました。

その内容に反対する労働者約300人が施設にて猛抗議をしたそうです。

いったいなぜでしょうか?

女性
女性
建て替えなんだから仕方ないよね・・・
男性
男性
別に施設自体がなくなるわけじゃないのにどうして・・・?

あいりん総合センター閉鎖で猛抗議!?

仕事を探す日雇い労働者らが集まる大阪市西成区の複合施設「あいりん総合センター」で31日、建て替えのための閉鎖に反対する労働者らが最大300人近く集まり、座り込みをしたり、施設関係者を取り囲んだりして抗議する一幕があった。

同センターは13階建てで、1~4階に職業安定所など労働者の支援施設が入る。1階には労働者と求人側が集まる「寄せ場」もあり、日中に多くの人が身を寄せていた。老朽化のため建て替えが決まり、4階までの入居施設は既に近くの別の建物に移転している。

あいりん総合センターとは?

 

施設名称:あいりん労働福祉センター
場所:大阪市西成区萩野茶屋1丁目3番44号
目的:あいりん地区の日雇い労働者の就労斡旋・福祉の向上
愛称:病院も含めた建物全体が「あいりん総合センター」「西成あいりんセンター」

建て替えに伴う閉鎖でなぜ猛抗議?

 

なぜ労働者たちは閉鎖するとはいえ、建て替えに猛反対なのでしょうか?

あいりん総合センターは13階建てで食堂や娯楽室、シャワー室などもあり、日中は労働者の居場所になっているようです。

どうやら噂によると、閉鎖した後もそこで寝泊まりをしている人もいるとか・・・?

男性
男性
実態は半居住施設となっているの・・・!?

あいりん総合センター閉鎖に関する声

 

感想・まとめ

既存施設を解体し建て替えを行うあいりん総合センターですが、今回の猛反対で事業がうまく行くかどうかわからなくなってきました。

施設を利用する人も年々減少傾向にあり、現代のスタイルと段々合わなくなってきたことも建て替えの理由の一つだそうです。

また老朽化も進んでおり、安全を考慮すると一刻も早く建て替えすることが望ましい現状ではあります。

しかし、実態としては日雇い労働者の居場所となっているのも事実です。

時代の流れで仕方がないのかもしれませんが、施設の更新だけではなく、現状の彼らの環境も維持することが重要となってきます。

市や国も様々な代替案を出しておりますが、一刻も早く労働者たちの不安が取り除かれるような対策を取ってほしいものです。

今後の行政の動きに注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!