炎上

宮迫助け求め!さんまの他に個人事務所を構えてる芸人は?理由、きっかけは?

7月22日に行われた吉本興業の岡本昭彦社長の会見にやるせない幻滅の声が、吉本芸人はもちろんのこと、一般の人からも多数上がっています。

事の成り行きは、7月20日に吉本興業と契約解除したお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之さん(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮さん(47)が個人で開いた釈明・謝罪会見でした。

宮迫さんが会見を開いたら闇営業問題に関係した全員クビと吉本興業の社長に脅されて、会見が開けなかったことを暴露したのでした。

それ以前に宮迫さんは明石家さんまさん(64)に電話で助け求めていたのです。

それは、仲間がクビになるかもしれないからさんまさんの個人事務所で面倒を見てもらえないかというものなのでした。

この闇営業問題は現在、吉本興業の経営陣に対する批判へと向かっています。

まだまだ、この問題は尾を引きそうですので、目が離せません。

ところで、さんまさんの他に個人事務所を構えている芸人は誰がいるのでしょうか。

また、個人事務所を構えるきっかけは何なのでしょうか。

これらのことを掘り下げててもみたいと思います。

女性
女性
吉本の社長の会見、何あれ!余りにもひどい!あれじゃ、吉本の芸人が可哀相だよ。宮迫さんと亮さんはよく会見を開いたわ。もう吉本を飛び出せばいいのに。

宮迫がさんまにSOS!

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-07220137-nksports-ent)

男性
男性
宮迫と亮は相当悩んだんだろうな。それでも蜂の一刺しではないけど、吉本のブラックぶりが暴かれてよかった。吉本の社長はダメだわ。芸人のこと全く考えていない。あれじゃ、吉本の芸人が憐れすぎる。

さんまプロフィール

名 前:明石家さんま(あかしや さんま)
本 名:杉本高文(すぎもと たかふみ)
ニックネーム:さんまさん、さんちゃん、お笑い怪獣、さんま
別名義:笑福亭さんま(旧名)
出身地:奈良県奈良市
誕生日:1955年7月1日(64歳)
血液型:B型
身 長:172㎝
学 歴:奈良県立奈良商業高等学校(現・奈良県立奈良朱雀高等学校)卒業
師 匠:2代目笑福亭松之助
事務所:吉本興業株式会社(マネジメント)、オフィス事務所(個人事務所)

 

男性
男性
さんまは個人事務所を構えているのか。でもマネジメントとは吉本興業のまま。独立を考えているといわれているけど、本当?

さんまの他に個人事務所を構えてる芸人は?

明石家さんまさんの他に個人事務所を構えている芸人はどんな人がいるのでしょうか。

・ビートたけし:T.Nゴン
・とんねるず:アライバル
・サンドウィッチマン:グループカンパニー
・ヒロシ:ヒロシ・コーポレーション
・上沼恵美子:上沼事務所
などの芸人さんが個人事務所を構えています。

男性
男性
ビートたけしはオフィス北野を辞めて、たけし軍団と袂を分かったけれども、たけしは大丈夫だけど、たけし軍団は大丈夫なの?

個人事務所を構えたきっかけは?

それではなぜ、個人事務所を構えるのでしょう。

そのきっかけは何なのでしょうか。

男性
男性
さんまのように節税が一番の個人事務所設立のきっかけじゃないかな
女性
女性
個人事務所を構えるのはだいたい売れっ子だから、節税もあるだろうけど、自分のスケジュール管理などしやすいし、事務所とのトラブルも少ないからじゃないかな。
男性
男性
事務所を解雇されて仕方なく個人事務所を立ち上げるということもある。その場合、マスコミにたたかれるし、仕事があるかどうかも分からず、大変だろうけどね。
男性
男性
今回の吉本興業のように経営陣に信がおけなくなって、次々と辞めて個人事務所を設立するという場合もあるんじゃないかな?
女性
女性
個人事務所の設立のきっかけは、人それぞれで、所属していた事務所に対する不満から飛び出して個人事務所を設立したり、完全に節税対策のために個人事務所を構えるということもある。また、売れっ子の場合、個人事務所だと仕事とが上手く回るからというのもあるんじゃないかな。

宮迫助け求め!さんまの他に個人事務所を構えてる芸人は?きっかけは?まとめ

今、吉本興業が大揺れです。

吉本所属の芸人たちは今、吉本に残るかどうかを思案していて、吉本の社長にはほとほとがっかりしたことでしょう。

事の発端は、闇営業問題で、その初動が吉本興業は間違っていたということです。

宮迫博之さんと田村亮さんが釈明・謝罪会見を開こうとしたのを吉本興業の社長が関係者全員クビと脅して開かせなかったのです。

しかし、宮迫さんと亮さんは宮迫さんの吉本との契約解消を待って個人で釈明・謝罪会見を開きました。

その時、宮迫さんは電話で明石家さんまさんに仲間がクビになるかもしれないのでさんまさんに面倒を見てもらいたく助け求めました。

さて、7月22日の吉本の社長の会見が、吉本王国崩壊の引き金を引いてしまったと後世語り継がれることになるかもしれません。

それほど吉本の社長の会見はひどいの一言でした。

吉本の芸人たちはさんまさんの個人事務所か、または松本人志さんが先陣を切って若手芸人を引き連れて個人事務所を立ち上げるかするかもしれません。

さんまさんのように個人事務所を構えている芸人に、ビートたけしさん、とんねるず、サンドウィッチマン、そして上沼恵美子さんなどがいます。

きっかけは、人それぞれだと思いますが、さんまさんのように節税だったり、事務所に縛られたくなかったり、自分の腕を信じて個人事務所を構えているなど、様々なきっかけが考えられます。

それにしても大揺れの吉本興業はてんでんばらばらになる可能性大です。

あの社長に芸人を吉本につなぎ止めるだけの度量はなく、早晩、芸人たちは反乱を起こすことでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。