未分類

緊急避妊薬ネット処方見直し!薬飲むだけでは防げない?リスクは?

夏祭り

性暴力や避妊の失敗による望まない妊娠を避けるためにのむ緊急避妊薬について、厚生労働省は10日、近くに受診可能な医療機関がない場合や、心理的不安で足を運べない女性に、オンライン診療で処方を認める方針を決めた。性犯罪の被害者らに限る案が示されていましたが、見直しを求める声を受けて対象を広げました。

女性
女性
医療機関がないとか心理的不安がある人で、本当に必要な人にはありがたいことです。

緊急避妊薬のネット処方を限定的に見直し!

オンライン診療の指針改定を議論する厚労省の検討会がこの日、緊急避妊薬を扱う条件をまとめた。先月の検討会では、近くに受診できる医療機関がない場合を除き、性犯罪被害を受けた女性に限る案だったが、受診に心理的な障壁がある場合も対象にすべきだとの意見が出て、見直した。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000016-asahi-soci

男性
男性
出来てしまってから堕胎するよりよほど人間的なのではないでしょうか?

緊急避妊薬のリスクは?

購入方法が広がるのは良いのですが、オンラインの診察ということなので医師に伝わりにくいのではないでしょうか?薬の飲み合わせなど、、、。もっとも性行為の後、72時間以内に服用しなければならないようなので、オンラインの診察でも出来るだけ詳しい状況や普段飲んでいる薬を正確に伝える必要がありそうです。

女性
女性
しっかり状況を整理して、素早く診察を受けた方がよさそうですね。

避妊できても他のリスクがある?

予定外の不正出血、吐き気や頭痛、けん怠感といった副作用があるようです。その他のリスクについては特段無いようです。

女性
女性
どんな薬でも副作用はあります。使用上の注意は良く聞いた方がよさそうですね。

緊急避妊薬ネット処方見直し!薬飲むだけでは防げない?リスクは?まとめ

72時間以内に飲まなければならないのはもちろんですが、100%妊娠を阻止できるわけではなくわずかな可能性ではありますが、阻止に失敗することもあるそうです。

また、服用後2時間以内に吐いてしまった場合、効果が不十分な可能性が非常に高いようで、再度医師に相談する必要があるそうです。

犯罪行為の場合はともかくとして、安易に薬に頼らず細心の注意を払い事故を不防ぐ必要がありそうですね。