自然災害

気仙沼大島大橋の建設費用は?震災から復興!開通は経済効果より人命か?

2011年3月11日、東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市。

あれから約8年の時間が経過した今、市内にある離島、気仙沼大島に希望の橋が開通することになりました。

橋の名前は気仙沼大島大橋。2019年4月7日に公に開通となります。

きっとこの橋が復興のシンボルになりますね!
男性
男性
すごく大きな橋なんですね!建設するのにすごく時間がかかったのも納得

気仙沼の被災離島に架橋

東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市と、同市の離島・大島を結ぶ「気仙沼大島大橋」が4月7日に開通するのを前に、市は30日、島民が歩いて渡るイベントを開いた。約240人が参加を申し込んだ。

開始に先立ち、菅原茂市長が「一歩一歩踏みしめながら、島民の悲願達成を実感してほしい」とあいさつ。島民らは約30分かけて往復し、橋の上から島や本土を思い思いに眺めた。

大島は人口約2500人で、東北最大の有人離島。震災では本土と往来するフェリーが被害に遭い、島民が孤立した。開通により緊急時の通行が容易になるほか、観光面の効果も期待される。

引用:Yahoo!ニュース

気仙沼市とは


都道府県:宮城県
面積:332.4m2
人口:21124人
特産品:フカヒレ

気仙沼市が受けた震災被害

未曾有の被害

地震名称:東北地方太平洋沖地震
発生日時:平成23年3月11日(金)14時46分
震源:北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24キロメートル
各地の震度:(気象庁発表)
気仙沼市赤岩  6弱
気仙沼市笹が陣 5強
気仙沼市本吉町 5強
人的被害: 1,357人(内訳:直接死1,034人、関連死109人、行方不明者214人)
注:1,357人は、宮城県発表の「東日本大震災における被害等状況」の本市の死者(直接死・関連死)1,218人・行方不明者214人のうち、本市に住民登録を有していない方75人を差し引いた人数
住宅被災棟数: 15,815棟(平成26年3月31日現在)
被災世帯数: 9,500世帯(平成23年4月27日現在・推計)

出典:https://www.kesennuma.miyagi.jp/li/fukko/010/index.html

気仙沼大橋 建設費用


愛称:鶴亀大橋
工事場所:少々汐~磯草地内
工事費:141.6億円
設計会社:大日本コンサルタント
工事会社:JFEエンジニアリング・橋本店・東日本コンクリートJV
橋の長さ:2.9㎞
橋の幅:9.5m~10.0m
構造:橋梁2か所、トンネル5か所

なんと100億円以上の費用がかかっているんですね!

それだけの経済効果を見込んでなのでしょうか。

ネット上の声を調べてみると、そんなことでもないようです。

男性
男性
離島に橋をかける意味は、人命を守るためなんだ!

気仙沼大島大橋開通に対する声

男性
男性
急病人が時間を待たずに搬送できるようになるのはいい事だ!
女性
女性
2500人も住んでいる離島に橋が架かってないと困るでしょ!
男性
男性
知多半島に近いので、架け橋があれば、多くの人が気にする「災害・病気・事故」の不安が軽減される。結果住民も戻ってくるのでは
男性
男性
ドクターヘリがあるとはいえ天候次第では飛べない。港で1時間に一本あるかないかのフェリーを救急車が待つという事態はなくなるので喜ばしいことだ!
女性
女性
この橋の建設は50年まえから議論があった。自然保護とか、補助金・税金の面など、いろいろ
男性
男性
船でしか行けない魅力がなくなることで、観光客が減らないちょっと心配

感想・まとめ

震災から長い年月が経ち、これだけ大きな橋ができれば復興の大きなシンボルになりますね。

でも本当の目的は経済効果だけでなく人命を守る手段が作られるということだったんですね。

これで多くの住民が戻ってきて、また気仙沼市が賑わいを見せ立派な市になっていくことを真摯に願います!

最後までお読みいただきありがとうございました!