炎上

JASRACの音楽教室潜入が陰湿!組織存続が厳しい?存在意義は?

音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている日本音楽著作権協会(JASRAC)が、職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していたことが分かりました。

女性
女性
やり方が陰湿です!!

JASRACが銀座のバイオリン教室に潜入調査!

音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている日本音楽著作権協会(JASRAC)が、職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していたことが分かった。9日には、両者の間で続く訴訟にこの職員が証人として出廷する予定だ。

JASRAC側が東京地裁へ提出した陳述書によると、職員は2017年5月に東京・銀座のヤマハの教室を見学。その後、入会の手続きを取った。職業は「主婦」と伝え、翌月から19年2月まで、バイオリンの上級者向けコースで月に数回のレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加した。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000061-asahi-musi)

男性
男性
音楽教室の講師の方は、実はスパイだったと知って落ち込んでいるだろうな。

潜入調査のやり方が陰湿と話題に・・・

今回JASRACが行った潜入調査について調べてみると、ほとんどの方がやり方そのものに反発する口コミを投稿していました。

男性
男性
恐ろしくて、これから鼻歌も歌えなくなってくる…
女性
女性
JASRACには恐怖しか感じない、狂気の沙汰ですよ、これは…
男性
男性
そもそもJASRACは、音楽文化の普及発展に寄与する団体のはず。今回のこの問題は、この理念に反するものではないのか? 
女性
女性
日本の音楽、芸能を衰退させようとしていませんか、JASRACさん?

そもそもJASRACは何のための組織?

そもそもJASRACとはどういった組織なのでしょうか。

JASRACの正式名称は、日本音楽著作権協会と呼ばれており、日本の著作権管理事業法を設立根拠法に、音楽著作権の集中管理事業を日本国内において営む一般社団法人です。

音楽の著作権を持つ方からの信託を受けて、音楽の利用者に対するライセンス、利用料の徴収と権利者への分配を行うことを主な業務としています。

ざっくりいうと、作詞家や作曲家から著作権を預かり、お金の再分配を行っていくための組織がJASRACなのです。

男性
男性
音楽著作権の問題になると、必ずJASRACが出てくるもんな。

こんなやり方をするのは組織存続が厳しい?

今回、このような潜入捜査を行って音楽教室から「演奏料」を徴収しなければならないほど、JASRACは存続の危機に見舞われているのでしょうか。

過去のJASRACの問題について調べてみたところ、音楽教室に留まらず、映画の上映権使用料についても徴収の手を伸ばしていたことが分かりました。

ここまで躍起になっていJASRACが徴収しようとしているのは、ネットの普及が広まったことにより、大半の方がお金を支払わなくても自由に音楽を聴けるようになっているのが理由なのかもしれません。

実際の内部状態がどうなっているのかまでは調査できませんでしたが、どこか躍起になってお金を回収しようとしている様子が窺えました。

男性
男性
お金を回収するにしても、道理というものがあるだろうに…。

JASRACの音楽教室潜入が陰湿!組織存続が厳しい?存在意義は?まとめ

今回のニュースを受けて、多くの方がJASRACの行った潜入調査に対して陰湿であると不満の声を上げているのが分かりました。

過去の事例を調べてみても、各団体から反発を買うような徴収を繰り返している印象があるJASRAC。内部実態もあまり公になっていないのもまた、印象を悪くしている原因かもしれません。

ネットが世に広まることで、JASRACの存続が危機に陥っているのだとしたら、徴収の手を伸ばすのではなく、組織そのものを見直して欲しい。こういった世間の声を、JASRACには真摯に受け止めて欲しいと思います。

このニューズについて進展がありましたら、改めて記事を作成していきます。