炎上

秘書暴行の石崎徹が外国人女性に買春疑惑?被害、証言内容は?

秘書暴行・傷害の疑いで新潟県警の捜査対象となっている自民党所属の石崎徹衆議院議員に外国人女性に対する買春疑惑が浮上しています。

実際に外国人女性は被害に遭ったのか、また、外国人女性が週刊文春の取材に対して証言していますが、どんな証言内容なのか、ここで掘り下げたいと思います。

女性
女性
自民党の”魔の3回生”といわれる当選3回の衆議院議員の石崎徹議員に文春砲が炸裂か。叩けば、まだまだ埃が出てきそうだな。

自民党、石崎徹が買春疑惑?

引用:週刊文春(https://bunshun.jp/articles/-/12989)

男性
男性
石崎徹って議員の前に人としてどうなの?最低だとと思うんだけど。次の選挙で落選すればいい!

石崎徹プロフィール

名 前:石崎徹(いしざき とおる)
出身地:新潟県新潟市東区
誕生日:1984年1月25日(35歳)
学 歴:慶應義塾大学法学部政治学科卒業
前 職:国家公務員(財務省)
所属政党:自由民主党(石破派から無派閥)

 

男性
男性
石崎徹は石破派だったのか。しかし、自民党の3回生ってどうしてこうも問題ばかり起こすんだろう。気の緩み?それとも権力ボケ?

買春行為の内容や証言は?

石崎徹議員の買春行為の内容や証言は「週刊文春」に次のように書かれています。

「週刊文春」が入手した、石崎氏と外国人女性のLINEのやり取りによれば、今年4月30日、石崎氏が〈1time 50000Yen〉と持ちかけ、女性は〈You mean dinner and later go to hotel and sex?〉と尋ねている。

そして、石崎氏が都内にあるホテルのバーを待ち合わせ場所に指定。〈after dinner, go to room.〉と再度打診し、〈100000 yen OK〉と値段を5万円上乗せして関係を迫っている。

「週刊文春」はこの女性に話を聞いた。女性は東欧出身の27歳。日本のインターナショナルスクールで美術教師として働く傍ら、ビジネスマンなどに英語を教えてきた。石崎氏はそんな彼女に再三、金額を提示し、性的関係を求めてきたという。女性は「週刊文春」の取材にこう語った。

「私はあくまでレッスン中のつもりなのに、石崎氏は手を握ったり足を触ってきた。私は凄く恥ずかしく、腹立たしい思いをしました。彼は国会での話や日本の女性の地位向上が必要だといった仕事に関する話もしていました。なのに娼婦のように扱われ、許せない気持ちでした」

引用:週刊文春(https://bunshun.jp/articles/-/12989)

男性
男性
文春砲でここまでLINEのやり取りや外国人女性の証言が取られている以上、石崎徹議員は真っ黒だな。

秘書暴行の石崎徹が外国人女性に買春疑惑?被害、証言内容は?まとめ

秘書に対する暴行・傷害の容疑で新潟県警の捜査を受けている自民党の3回生の石崎徹衆議院議員が外国人女性に対して買春を持ちかけたとして週刊文春が文春砲を炸裂されています。

文春砲では石崎徹議員のLINEでの生々しいやり取りや被害に遭われた東欧系の外国人女性に対して証言が得られているので、これは「週刊文春」はきちんと裏が取れている事実の可能性が大です。

つまり、この事に関して石崎徹議員は真っ黒ということです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。