科学

はやぶさ2リュウグウ着陸成功!地球へ帰還できる確率、可能性は?

探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウへの2回目の着陸を成功させました。津田雄一・プロジェクトマネジャーは11日午後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)で開かれた記者会見で、「太陽系の歴史のかけらを手に入れることができた。」と振り返り、想定を超える「1000点」という点数で表現してみせました。

女性
女性
喜びに満ち溢れているわね。

はやぶさ2がリュウグウに着陸成功!

採点すると100点満点の1000点――。探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウへの2回目の着陸を成功させた。太陽系が生まれた46億年前の姿を残すとされる小惑星の、さらに太陽などの影響を受けていない地下の物質の採取に成功したとみられる。津田雄一・プロジェクトマネジャーは11日午後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)で開かれた記者会見で、「太陽系の歴史のかけらを手に入れることができた。(運用は)言うことなし。パーフェクトだった」と振り返り、想定を超える「1000点」という点数で表現してみせた。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000045-mai-sctch)

男性
男性
1000点とは、相当満足のいく結果だったんだろうね。

半年後の地球へ帰還できる確率、可能性は?

はやぶさ2は、2020年に帰還する予定ですが、その可能性はどれくらいなのでしょうか。

このことについては、JAXAのホームページ等を調べてみましたが、具体的な数値は出てきませんでした。

しかしながら、小惑星Ryuguに着陸するときに比べると、地球に帰還するときは速度調整等をあまり行う必要もないとのこと。

往路の時よりも気を遣う場面が少なくなることが予想されます。

女性
女性
Ryuguに着陸したときには、最新の注意を払いながら無事に行えたんだから、帰りの時も大丈夫そうね。 

トータル費用はどのくらい?

はやぶさ2のトータル費用はどれくらいかかっているのでしょうか。

JAXAが取りまとめた資料を調べてみますと、およそ289億円とのこと。

ちなみにですが、はやぶさの本体寸法が1.0m × 1.6m × 1.25mで、総重量がおよそ600kgと発表されています。

余談ではありますが、東京タワーの総工費が、現在の価格で300億円と言われています。

東京タワーにかかった費用が、1.6m四方のボックスに詰め込まれていると考えると、凄さが伝わってくる気がします…。

それだけ多くの技術が、はやぶさ2には詰め込まれているのですね。

男性
男性
JAXAの本気度のようなものが伝わってくるなー!

はやぶさ2リュウグウ着陸成功!地球へ帰還できる確率、可能性は?まとめ

はやぶさ2が無事にリュウグウに到達できたことで、太陽系の歴史に関して新たな発見がなされると言われています。

地球に帰還した時に、我々が現在いる宇宙の世界の謎が新たに紐解かれるのかと思うと、どこかロマンを感じます。

これからも、はやぶさ2のニュースは定期的に注目されていきそうですね。