国内

サーティワンが赤字!コンビニに客を奪われたスイーツ店一覧は?

夏祭り

アイスクリームチェーンの「サーティワン」が赤字で苦しんでいます。

原因は、コンビニに客を奪われたことにあります。

アイスクリームが美味しい季節。その中で、サーティワンの業績が振るわないというのはサーティワンにコンビニにまさる強みがないと言うことを表しています。

サーティワンが赤字!

コンビニに客を奪われたスイーツ店一覧は?

これらのことを掘り下げて行きたいと思います。

女性
女性
へえ、サーティワンのアイス好きだけどなあ。でも、コンビニも次々と新商品を出していて、そういえば、最近サーティワンでアイス買ってないな。

サーティワンが大赤字!

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00029704-president-bus_all&p=1)

男性
男性
サーティワンも拡大路線が徒となったようだ。もう客も飽和状態で抜本的な改革をしない限り、サーティワンの浮上はないのかな。

サーティワン概要

日本でサーティワンアイスクリームと呼ばれていますが、本国アメリカ合衆国ではバスキン・ロビンスで通っています。

バスキン・ロビンスは世界最大級のアイスクリームチェーンの一つで、世界40カ国以上で7300店舗を抱える巨大なチェーン店です。

創業者はバート・バスキンとアーヴィン・ロビンスの2人です。

2人の名前から会社名が取られています。発祥の地はアメリカ西海岸のカリフォルニア州グレーデールです。

日本では不二家と合弁会社B-R サーティワン アイスクリーム会社がアイスクリームチェーンを全国展開しています。

サーティワンは英語の「31」を表していて、それが意味するところは、31種類のアイスがある事から1か月31日毎日違うアイスが食べられるように、ということです。

しかし、店舗には毎日32種類のアイスが用意されているところが多いです。それは冷蔵庫のケースが四角いために偶数の方が経済的と言うことからです。

日本ではサーティワンは1000店舗以上展開しています。しかし、最近の業績不振から店舗数は減少しています。

女性
女性
今ポケモンのアイスのキャンペーンをサーティワンでやっていて、それが可愛いの。サーティワンも色々工夫はしてゐるみたいだけどもね。

コンビニに客を奪われたスイーツ店一覧!

それではサーティワンのようにコンビニにお客を奪われたスイーツ店は他にはないのでしょうか。

・不二家
・シャトレーゼ
・ミスタードーナツ
・銀座コージーコーナー
・モロゾフ
・ハーゲンダッツ
・スターバックスのスイーツ

以上のようによく知られたスイーツ店がコンビニが打ち出すスイーツの新商品と競合し、コンビニにお客が奪われていると言われているスイーツ店です。

スイーツ店の方でも手をこまねいているわけではありませんが、現時点で、コンビニの商品開発力に押されているのが現状です。

男性
男性
コンビニの商品開発力は凄まじいので従来からある大手チェーンのスイーツ店はどこも苦戦を強いられている。大手チェーンのスイーツ店は新たなマーケティング方式を生み出さないとコンビニに呑まれちゃうね。

現在人気のあるスイーツ店は?

一方で、コンビニに負けずに人気のスイーツ店はあるのでしょうか。

東京の日本橋・銀座のスイーツ店に限りますが、以下に人気スイーツ店を列挙します。

・日本橋の「グルメショップ」
・日本橋の「MARUZEN CAFE」
・銀座の「銀座和蘭豆(ぎんざらんず)
・銀座の「LADUREE サン・ド・テ 銀座店」
・銀座の「DAVID MYERS CAFE」
・銀座の「ELLE café」

以上6つの人気スイーツ店を挙げました。

いずれもコンビニのスイーツには太刀打ちできない各店で特色のあるほっぺたが落ちそうな見るからに美味しそうなスイーツが味わえます。

女性
女性
どのお店のスイーツも舌がとろけるようなほどに美味しいスイーツばかり!チェーン展開しているお店はコンビニと競合して苦戦しているけど、本格的な職人が作るスイーツはまだまだ、コンビニに負けないだけの魅力がてんこ盛りよ!

サーティワンが赤字!コンビニに客を奪われたスイーツ店一覧は?まとめ

連日の暑さでアイスクリームが欠かせないという人も少なくないと思いますが、アイスクリームチェーンの大手も大手のサーティワンが赤字で苦戦しています。

それはコンビニと商品が競合していて、コンビニにお客を奪われたからです。

大手チェーンは軒並みコンビニにお客を奪われ、どこも苦戦を強いられています。

それはコンビニの物凄い商品開発力に圧倒されているからなのです。

大手チェーンは新たなマーケット戦略を打ち出せないとこのままコンビニに押されっぱなしになりかねません。

ただ、大手チェーンもただ手をこまねいているわけではなく、新たな商品を開発したり、これまてでターゲットにしていなかったシニア層も取り込もうとするなど新たなことをしていますが、現時点で上手くいっているとは言いがたいです。

その反面、熟練の職人が作るスイーツが味わえるスイーツ専門店ではコンビニなど意識することなく、大変な人気です。

それは日々の努力の賜と言えましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。